COFFEE MACHINES MAINTENANCE SERVICE

Blog Archives

カプチーノとカフェラテの違い


カフェラテは「コーヒー・牛乳」と言う意味のイタリア語です。
発祥の地はイタリア・ヴェネツィアにある喫茶店と言われています。
カフェラテは、蒸気で温めた(泡立っていない)スチームドミルクと呼ばれるものを使う。
簡単に言えば『エスプレッソ+牛乳』
カプチーノは、エスプレッソにクリーム状に泡立てた牛乳を加えたものをいいます。好みによってシナモンやココアパウダーで風味付けします。 簡単に言えば『エスプレッソ+泡立てた牛乳』
コンビニコーヒーやファミレスのドリンクバーの普及により、かなり身近になったような気がします。

カテゴリー: ブログ

エスプレッソとドリップコーヒーの違い

エスプレッソは、深煎りで極細挽きにしたコーヒー豆をエスプレッソマシン内のポンプで強力に圧力をかけて、高温高圧に加熱された熱湯を使い短時間で一気に抽出します。
人の手では高圧は作り出せないので、エスプレッソマシンが必要です。エスプレッソは、イタリアで誕生し、北米にて普及した後、全世界に広まりました。普通のコーヒーカップよりも小さいカップで提供されるため、生まれ故郷の歴史になぞらえて、「デミタス」とも呼ばれています。現在、イタリアでのコーヒーといえば、通常はエスプレッソのことを指します。味の特徴としては、濃くて苦いというイメージが強いですが、好きな人は多いです。
砂糖を入れることで、甘味・酸味・苦味のバランスが生まれ異なる風味が楽しめます。
エスプレッソの液面にキメ細かい泡(クレマ)が有るのも特徴です。

ドリップコーヒーは、ペーパーフィルターなどを使って挽いた豆にお湯を少しずつ通して、お湯自体の重さのみを圧力としてフィルターを自然透過させて豆の成分を抽出させます。日本でも昔ながら馴染みの深い一般的なコーヒーです。
黒く澄んだ見かけの程よい苦さと香りが特徴で、日本の他、オーストラリアやアメリカや南米でもコーヒーと言えば、このドリップコーヒーを示します。

カテゴリー: ブログ

アイスコーヒーが飲みたくなる季節

アイスコーヒーは日本が発祥?
諸説有りますが、実際は?
19世紀初頭には中東の方で飲まれていた記録が残っています。
日本では明治頃には飲まれていたらしいです。
日本のアイスコーヒーはアイスコーヒーに適した豆を氷が溶けることを
前提にあらかじめ濃い目に作られているのが一般的です。
アメリカでは日本のように濃いコーヒーにアイスを入れるのではなく
普通のコーヒーをアイスで冷やしているだけですから、味は非常に薄いのです!
世界各国では安全な水の確保が難しかったようで、火を通さない冷たい飲み物自体が
少なかった様です。(贅沢品扱い)
一方、日本の水は当時から地下から汲んだものを直接飲めるほど安全でキレイだった
ので自然と飲まれるようになっていったとの事です。
もしかしたら世界で一番アイスコーヒーを飲むのは日本かもしれませんね。
日本でのアイスコーヒーの呼び方も関西圏では、冷コー(レーコー)と呼ぶそうです。
コンビニコーヒーの普及により、より身近になったように思います。

カテゴリー: ブログ

蒸気漏れ

ボイラーの蒸気漏れ写真です。定期的なメンテナンスを怠ると高額修理になる場合が有ります!
100円のパッキンを交換しない事により、修理代が20~30万円!!たまにあります。
コーヒーマシンに限らず電化製品は水に弱い物です。マシン内から通常しない空気の抜けるような
音がした場合は直ぐに電源を切り、修理依頼をお勧め致します。電源を切っても残圧が有るので
直ぐに音は消えませんが、多少待てば音はおさまります。洗剤投入口周辺・豆ホッパー周辺に
水滴が有る・湿っている場合も同様に蒸気漏れしております。
最近のコーヒーマシンは電子制御化が進んでいて昔のマシンよりも
水に弱いです。修理の担当者が来るまで使用し続ける方もいますが、非常に危険です!
一旦蒸気漏れすると、時間差で次々に壊れていくケースもあります。
普段しない音がしましたらご注意下さい。!!!

カテゴリー: ブログ

コーヒー豆の保存方法

豆でも粉でも、必ず密閉出来る容器に入れます。容器は、他の食品などの臭いが
ついていない物に限ります。
コーヒーは熱や湿気を嫌います。日のあたらない風通しの良い場所で保存してください。
夏場は密封容器に入れて冷蔵庫で保存してください。しかし、長時間冷蔵庫に入れておくと
使う時に結露のおそれがありますのでご注意ください。
結露した豆をコーヒーマシンに補充するとグラインダー(豆を挽くモーター)で詰まります。
コーヒー豆は買ったときの鮮度にもよりますが 1~2週間で飲み干せない量であれば 冷凍保存を
お勧め致します。冷凍保存する場合はジップロック等と使うと便利です。
コーヒー豆は粉にすると豆の約500倍以上になり空気に触れる面積が増え酸化しやすいので
特に注意が必要です。(豆よりも冷凍保存が適している)
あとやりたくなるのが、真空パックですが、コーヒー豆・粉は鮮度が良ければ良いほど 真空パック
は出来ません。これは豆からガス(香り)が発生しているからです。一時的に真空に出来ても
時間が経てば豆から出たガスでパンパンに膨れてしまいます。
※コーヒーも生鮮食品ですので、優しく保存して下さい。(#^.^#)

カテゴリー: ブログ

コーヒー豆・粉の補充

たまに味がおかしいから見てほしいという修理依頼が有ります。
現場にご訪問すると、機械的な異常は見当たりません??
試飲してみると・・・・ 
酸化している味がする!
原因は豆ホッパー(豆・粉を入れる容器)に大量に補充してる事。
コーヒー豆は非常にデリケート!!
コーヒーは生鮮食品に例えられるほど鮮度が大切です。
コーヒーマシンによっては1㎏以上入るマシンもあります。
上の方の豆は何日後に提供されるのか??心配になります。
豆補充の原則は、当日使用する分だけの補充を。
どんなに高級なコーヒーマシンを購入しても、高額なメンテナンスをしても
豆の鮮度が悪ければおいしいコーヒーは提供出来ません。
豆の補充には、ご注意を(>_<)

カテゴリー: ブログ

マシン内粉だらけ

長期的にメンテナンスをしていないコーヒーマシン内です。

スポット点検にてご訪問。

この状態でも抽出可能でした。

定期メンテナンスを怠ると、高額修理に・・・・

お客様は異常には気が付いていませんでした。

マシン内を清掃し、消耗部品を交換し作業終了致しました。

おいしいコーヒーのご提供には定期メンテナンスが重要です!!

カテゴリー: ブログ

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になり、社員一同心より御礼申し上げます。

本年も、更なるサービスの向上に努めて参りますので、より一層のご支援、お引立てを賜りますようお願い申し上げます。

皆様のご健康とご多幸をお祈りし、新年のご挨拶とさせていただきます。

敬具

株式会社マンティック
代表取締役 石原政明
〒110-0016 東京都台東区台東4-16-8 偕楽ビル1F
TEL:03-5807-2371(営業拠点)

カテゴリー: ブログ

除去したカルキ

img_3115
ボイラーに蓄積したカルキは簡単には除去出来ません。
工具を使って削り取り、最後は薬品で除去。
かなり大変です!!

ボイラーの種類によっては、ボイラー丸ごと交換になります。

カテゴリー: ブログ

ボイラーカルキ除去

img_3108
コーヒーマシンにはお湯を沸かすボイラーが有ります。2~3年使用すると
ボイラー内にカルキが蓄積し色々なトラブルを引き起こします。

カテゴリー: ブログ