COFFEE MACHINES MAINTENANCE SERVICE

コーヒー豆の保存方法

豆でも粉でも、必ず密閉出来る容器に入れます。容器は、他の食品などの臭いが
ついていない物に限ります。
コーヒーは熱や湿気を嫌います。日のあたらない風通しの良い場所で保存してください。
夏場は密封容器に入れて冷蔵庫で保存してください。しかし、長時間冷蔵庫に入れておくと
使う時に結露のおそれがありますのでご注意ください。
結露した豆をコーヒーマシンに補充するとグラインダー(豆を挽くモーター)で詰まります。
コーヒー豆は買ったときの鮮度にもよりますが 1~2週間で飲み干せない量であれば 冷凍保存を
お勧め致します。冷凍保存する場合はジップロック等と使うと便利です。
コーヒー豆は粉にすると豆の約500倍以上になり空気に触れる面積が増え酸化しやすいので
特に注意が必要です。(豆よりも冷凍保存が適している)
あとやりたくなるのが、真空パックですが、コーヒー豆・粉は鮮度が良ければ良いほど 真空パック
は出来ません。これは豆からガス(香り)が発生しているからです。一時的に真空に出来ても
時間が経てば豆から出たガスでパンパンに膨れてしまいます。
※コーヒーも生鮮食品ですので、優しく保存して下さい。(#^.^#)

カテゴリー: ブログ